【2019年10月】消費税増税前に結婚しよう!100万円以上お得!?け込み結婚のススメ!

2019年10月1日、とうとう消費税が8%から10%へと引き上げられます!

そのうち結婚しようと考えているあなた!

どうせ結婚するんだったら、断然増税前がおススメですよ!

結婚というタイミングは、

結婚式

結婚指輪

新居

家具家電

新婚旅行 などなど

これまでにないような莫大なお金を使う機会です。

なのに、なんの価値も変わらないのに、さらに2%分多く払うってもったいないですよね!

どれだけもったいないかと言うと、上で挙げた項目だけでも計算してみると…、

平均金額 消費税8% 消費税10% 差額
結婚式(挙式・披露宴) 357.5万円 28.6万円 35.75万円 7.15万円
結婚指輪 25.4万円 2万320円 2.54万円 5,080円
新居 4652万円 372.2万円 465.2万円 93万円
家具家電 72.3万円 5.78万円 7.23万円 1.45万円
新婚旅行 64.6万円 5.17万円 6.46万円 1.3万円

2%の消費税増税による差額の合計は、なんと、103万4千円!にもなってしまいます!

※データ出典 ブライダル総研(結婚トレンド調査2018・新生活準備調査2018)

この記事では、増税前に結婚する場合のメリットについてお伝えしたいと思います!

増税前(2019年9月末)までに結婚するメリット

結婚準備・結婚式費用

結婚と言うと、まずホテルや披露宴会場に支払う結婚式の費用を思い浮かべる方が多いと思いでしょう。

結婚式場やホテル等によっては、増税前に挙式する方向けの特別プランなどを打ち出して、

駆け込み需要の獲得に尽力しているところも少なくないようです。

増税前のお得なプランが無くても、2019年9月までの挙式であれば、

既に直近開催の範囲になるため、もともと直近挙式希望の方向けのプランが用意されていることや、プランが無くても、大幅に値引きしてもらえる可能性が大です。

検討もしていなかった高級ホテルや式場で結婚式を挙げることも夢じゃなくなってくるかもしれませんよ!

このほかに、結婚式を挙げる際には、遠方ゲストの宿泊代や交通費、

婚約指輪・結婚指輪、周りの方からいただいた結婚祝いのお返し(内祝)などなどのお金がかかります。

また、結婚を決めたら、両家の親御さんにご挨拶に行かなければなりません。

遠方の場合、交通費や宿泊費もかかってしまいます。

さらに同居のための引っ越し費用や家具の購入費用も発生しますね。

全て増税により、何にも価値は変わらないのに、2%分支払額が増加してしまいまうのですから増税前に支払ってしまうのが良いですよね。

新居購入の費用

結婚のタイミングで思い切って新居を購入する方もいらっしゃるかと思います。

住宅購入においては、何千万円という非常に高い買い物ですよね。

仮に5000万円で住宅を購入した場合、

増税後は、2%の増税で100万円も上乗せして払わないといけないのです!

これはかなり影響が大きいです!

100万円もあれば、住宅購入の際にオプションで床暖房を付けられたり、建材をランクアップしたり、

新婚旅行でちょっとラグジュアリーなホテルを選んだり、別のことで有意義に使えますね!

ぜひ新居の購入も検討してみてください。メリットが大きいです!

住宅の場合も結婚式同様、引き渡し日が9月末までである必要があるので、

注文住宅ではちょっと難しいかもしれないですが、

建売物件や中古物件であれば、無理な話ではありません。

ある住宅情報サイトによると、住宅を購入した人の検討期間は、

3か月以内という方が35%近くもいるそうです。

実際私も、突如出会った物件を2週間くらい検討して、すぐに購入することを決めてしまいました!

良い物件はすぐに売れてしまうので、良い物件に出会ったら覚悟を決めて購入するのがおススメです!増税前という点が、あなたの背中を押してくれるかもしれません。

新婚旅行の費用

旅行の場合、2019年9月末までに申し込み、料金の支払いが完了していれば、

旧税率の8%が適用されます。

よって、結婚式がギリギリの9月末でも、先に料金を支払ってしまえば

半年後であっても税率は8%となります。

たとえ、結婚式が間に合わなくても、新婚旅行だけでも増税前のメリットを感じられそうです!

せっかくなので、婚前旅行するのも良いですね。

スケジュールが立てやすい

結婚が決まると、両家の顔合わせ、入籍や結婚式の日取り、

引っ越しや新婚旅行などの計画を始めなければなりません。

通常、結婚式は1年から8か月前くらいから結婚式場を探す方が多いです。

ただ、今は女性も仕事を持っている方が多いので、

1年も先のこととなると、異動や転勤の可能性もあったりして、

二人の都合を調整するのが難しいかもしれません。

それが、増税前の9月末までであれば、近々なので予定が立てやすいというメリットがあります。

私は以前、ウエディングプランナーの仕事をしていましたが、

申し込んで一か月後に、結婚式を挙げられたカップルを担当したことがありますよ。

ドタバタではありましたが、物理的には可能です。

ただ通常、ゲストへの招待状の送付がだいたい2か月~1か月半くらい前になるので、

3か月前までに申し込んでもらえたらスムーズかもしれません。

消費税増税前に結婚しよう!

今回は増税前に結婚するメリットについてまとめてみました。

冒頭でもお伝えしましたが、増税前に結婚式を挙げるだけで、

その価値は何も変わらないのに、103万円もお得に結婚することができます。

なんとなく結婚するきっかけがなかったみなさん!

重い腰を上げる時が来ましたよ!

経過措置について

ご存知の方も多いかと思いますが、増税にあたって、経過措置という対応があります。

これは、2019 年3月末までに結婚式の申し込みや住宅を購入した場合、

結婚式や住宅の引き渡し日が2019年10月1日以降であっても、

旧税率の8%が適用されるというものです。

この経過措置の影響もあり、結婚式も住宅も駆け込み需要で例年より受注件数が増えていたようですが、既に経過措置による恩恵にあずかることはできません。

しかし!9月末であれば、まだまだ結婚式も住宅購入も間に合います!

長くお付き合いしているけど、きっかけがなくて結婚していないというあなた!

増税をきっかけに結婚しちゃいましょう!