40代で結婚した女性芸能人~水野美紀の超スピード婚に学ぶ

40代になっても、幸せな結婚できる女性が一人でも増えるよう、

40代で結婚した女性芸能人の事例を取り上げ、

そこからヒントとなりそうなことを発信していきたいと思っています。

今回は、女優の水野美紀さんの結婚に注目したいと思います。

水野美紀さんは、42歳で俳優兼イラストレーターの唐橋充と結婚しました。

出会って4回目でプロポーズされて結婚という、超スピード婚!

婚活中のアラフォー女性が理想とする結婚の仕方ではないでしょうか。

まずは水野美紀さんのプロフィールから調べてみたいと思います。

水野美紀とは?

本名 水野美紀

生年月日 1974年6月28日

出生地 香川県高松市 (出身は三重県)

身長  168㎝

血液型 B型

職業  女優

所属  オフィス・モレ

Wikipediaより引用

水野さんは、1987年中学1年生の時に『第2回 東鳩オールレーズンプリンセスコンテスト』に出場し、準優勝たことがきっかけで、俳優・大野しげひさが社長を務める芸能事務所のグリーンプロモーションにスカウトされ、芸能活動を開始します。

芸能界を目指した理由は、小学生の時に読んだ漫画『ガラスの仮面』を読み、舞台に憧れたからだそうです。

デビュー当初は地元の福岡から通いながら雑誌のモデルやCMに出演していましたが、

中学卒業と同時に上京し、本格的にキャリアをスタートさせます。

1992年コーセーの化粧品、ルシェリのCMで、唐沢寿明さんと共演し「チューして!」というセリフで話題になりました。

1994年には、巨大芸能グループ、バーニングプロダクションへ移籍、ゴールデンタイムのドラマにも出演するようになり、人気ドラマ『踊る大捜査戦』シリーズに出演し、幅広い世代に認知されました。

その後もドラマの主演も果たし、順調に女優としての地位を確立していきますが、

当初から水野さんは舞台女優を目指していたため、事務所との方針が合わず、2005年に独立し個人事務所を設立させます。

この独立により、水野さんは芸能界から干されてしまい、2007年頃までほとんど仕事がなかったそうです。

しかし、この頃に水野さんは演劇ユニット『プロペラ犬』を主宰し、念願の舞台女優としての活動に力を入れていきます。

2009年には、蜷川幸雄演出の舞台にも出演します。

そして、2011年には、これまでのイメージを覆したかったと、映画『恋の罪』ではフルヌードを公開し、注目を集めました。

綺麗な女優さんというイメージですが、実はとても男前の性格だそうで、

「私の中に、おっさんが住んでいる」発言も飛び出しています。

焼酎やビールが大好きで、立ち飲み屋や新橋の高架下にいると落ち着くんだそうです。

サバサバしている性格というより、中身が本当におっさんなんだそうです。

なんだか好感が持てますね!

水野美紀の恋愛遍歴について

水野さんの恋愛遍歴を調べてみると、オダギリジョーさんや、北村有起哉さんの名前が出てきますが、結婚前は、ともさかりえさんの元夫である俳優・演出家の河原雅彦さんと10年ほど付き合っていたと言われています。

ともさかりえさんから不倫の末の略奪だったという噂もありますが、真実はわかりません。

水野美紀さんがネット上で肉食女優と言われているのは、これが理由ですね。

ともさかりえさんの再婚後は、水野さん本人も河原さんとの交際を認めていました。

二人のお付き合いは長く続いたようですが、水野さんと河原さんは結婚はしませんでした。

河原さんが再婚を望んでいなかったのかもしれませんね。

美しい水野さんが、42歳まで未婚でいたのは、この恋愛が原因となっているんでしょうね。

お相手、唐橋充とは?

では、次に水野さんの旦那様となった唐橋さんについて調べてみたいと思います。

本名 唐橋充(からはし みつる)

生年月日 1977年5月30日

出生地 福島県

身長  178㎝

血液型 B型

職業  俳優・イラストレーター

唐橋さんは、水野さんより3歳年下の、俳優兼イラストレーターです。

元々は早稲田大学の演劇研究会に所属していた舞台専門の俳優さんでしたが、

2003年に『仮面ライダー555』でTV初出演を果たし知名度をUPさせます。

俳優としての活動の傍ら、イラスト・文筆などの創作活動も行っており、特に唐橋さんの書くイラストはハイセンスなものと認知され、アパレル商品に採用されているそうです。

今では俳優業の収入より、イラストレーターとしての収入の方が多いのでは?と言われるほどの好調ぶりだそうです。

この唐橋さんですが、ネット上ではアスペルガーではないか?と言われるほど変わった方のようです。

水野さん自身が公表している内容としては、

冷暖房は使わない、歯が欠けるほど噛み続ける、

口いっぱいに食べ物を頬張り、長時間食べ続ける、

食事中にリップクリームを何度も塗る、

家ではハイテンションでしゃべり続ける、

″大”を漏らす癖がある…

急に思いついて行動するので、家じゅうの角にぶつかる、などなど…

変わった拘りがあり、慎重で何事も時間がかかってしまうタイプだそうです。

一方、水野さんは男前でせっかちなタイプなので、完全に正反対の二人です。

しかし、水野さんは日々、驚きと爆笑の連続と新婚生活を楽しんでいるそうです。

微笑ましいですね!

40代だからこその包容力なのか、水野さんの人柄なのでしょうか。

二人の馴れ初め

水野さんと唐橋さんの最初の出会いは、水野さんが唐橋さんの舞台を見に行き、楽屋で挨拶をした時だったそうです。

その後、水野さんの舞台を唐橋さんが見に行き、その打ち上げの場で、水野さんが

劇団ユニット『プロペラ犬』のロゴを、唐橋さんに依頼したことがきっかけでお付き合いに発展したそうです。

びっくりなことに、水野さんは交際前に唐橋さんからプロポーズされていたそうです。

しかも、たった4回目に会った時だったとのことなので、これまた驚きです!

唐橋さんの舞台での初対面、

水野さんの舞台&打ち上げで2回目、

ロゴの打ち合わせ→唐橋さんが食事をおごった3回目、

食事のお礼にと、水野さんが自宅で食事を振舞うことになった4回目、

この4回目に唐橋さんからプロポーズをされたそうです。

後に水野さんはTV番組で、

唐橋さんと会った時に「イメージできたんですよ。結婚して生活してる。」

という直感のようなものを感じたと明かしていました。

お互いに好印象を持っていて、自然に結婚をイメージできていたんでしょうね。

だからこそ、水野さんも4回目で自宅で料理を振舞うということまでしたのでしょう。

唐橋さんも、男前の水野さんに手料理を振舞ってもらい、女性らしい面を垣間見て、

そのギャップにノックアウトされてしまったんでしょう。

水野さんは、結婚を決めた理由として、こう語っています。

「歳が歳なので、そんなに悠長に付き合うとか…。結婚しないんだったら付き合ってもしょうがないっていうぐらい。唐橋もその時39歳なので、結婚をすごく意識していたみたいで、タイミングがちょうどうまく合ったんですよね」

結婚は運と縁とタイミングと言いますが、まさに!!なカップルですね!

二人の結婚から学べること

この二人の結婚の特徴は、なんと言っても超スピード婚ですね。

たった4回目に会った時にプロポーズ、そして快諾。

二人が潔くスピード婚できた理由は何なんでしょう?

その一番の要因は、水野さんの性格ではないかと思います。

もしくは、40代だからこその自然体な姿と包容力かもしれません。

水野さんは、男前でサバサバした性格です。

おそらく、男性の前でも態度を変えることなく自然体でいれる方なのではないでしょう。

その自然体な姿に唐橋さんは居心地の良さを感じたに違いありません。

唐橋さんは正直、変わり者だと思います。

人によっては、というか多くの女性が、唐橋さんは変な人だ。。。と、結婚相手としては敬遠してしまう人が多いのではないでしょうか?

しかし、水野さんは唐橋さんの変わった部分もポジティブに捉え、それをとても楽しんでいます。

これ、すごく重要なことなんです。

以前、下記記事で似たようなことを書いていますので読んでみてください。

  • 1.2.0.1 恋愛が長続きしない、なかなか男性を好きになれないという貴女へ。

人にはそれぞれ個性があるものです。

それはある人にとっては欠点でも、別の人にとっては、長所かもしれない。

相手をあらゆる角度で見て、できるだけポジティブに捉えることができない人は、おそらくこの先も結婚することは難しいと思った方がいいかもしれません。

結婚すれば、今まで生きてきた人生より、長い時を夫婦で過ごすこととなるでしょう。

結婚準備、出産、子育て、親御さんとの関係、親の介護、仕事、、、、

二人で協力して乗り越えないといけないことがたくさんでてきます。

その場面、場面で意見が一致するかもしれないし、衝突するかもしれない。

お互い、その相手と結婚するのは初めてなのだから、結婚してみないと、

うまくいくかいかないかは、貴女自身も含め、誰にもわからないですよね。

あれこれと深く悩んで、時間を費やすのはもうやめて、

水野さんのように、潔く流れに乗ってしまうのもアリなのではないでしょうか。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする