40代で結婚した女性芸能人~中谷美紀不倫の末の結婚から考える

40代になっても、幸せな結婚できる女性が一人でも増えるよう、

40代で結婚した女性芸能人の事例を取り上げ、

そこからヒントとなりそうなことを発信していきたいと思っています。

今回は、女優の中谷美紀さんの結婚に注目したいと思います。

中谷さんは42歳で、ドイツ出身のウィーン国立歌劇場管弦楽団とウィーン・フィルハーモニー管弦楽団でビオラ奏者を務めるティロ・フェヒナー氏(50歳)と国際結婚されました。

中谷さんと言うと、長年の不倫…という印象を持たれる方もいらっしゃる方も多いかもしれませんね。

そんな彼女が突如、世界的に名高い男性と結婚できた理由について考えてみたいと思います。

まずは、中谷さんの人となりについて、調べてみたいと思います。

中谷美紀とは?

本名  中谷 美紀(なかたに みき)

生年月日 1976年1月12日

出生地 東京都東村山市

身長 160CM

血液型 A型

活動内容 女優・歌手
1991年:歌手デビュー
1993念:女優デビュー

事務所 ジーアールプロモーション

Wikipediaより引用

今では実力派女優として人気の中谷さんですが、芸能界にはアイドルグループのメンバーとしてデビューしています。

テレビ朝日『桜っ子クラブ』内の桜っ子クラブさくら組というグループで、歌も何曲かリリースしています。

アイドルグループのメンバーだったなんて、全くイメージがありませんね!

想像つかないので、動画を探してみました。

2:45あたりで中谷さんが喋っていますので、ぜひ見てみてください。

このグループ全然、売れなかったらしいのですが、

井上晴美、菅野美穂、持田真樹、加藤紀子など、すごいメンバーでいてびっくりです!

桜っ子クラブさくら組「なにがなんでも」

桜っ子クラブ解散後は、1993年にドラマ「一つ屋根の下」で女優デビューします。

その後、多くのCMやドラマに出演するようになりました。

1996年には坂本隆一のプロデュースにより、音楽活動を再開、

“中谷美紀 with 坂本龍一”名義で発売した「砂の果実」がオリコンシングルチャートトップ10入りとなり、33万枚を売り上げたそうです。

砂の果実

中谷さんの一人目の熱愛相手として名前が出てくるのが、この坂本龍一さん。

中谷さんの才能だけではなく、女性として惚れ込んでのプロデュースだったのでしょうか…。

坂本さんは既に結婚されていたので、不倫関係にあったとされています…。

この関係がきっかけで、中谷さんは男性不信になってしまった?という情報も出ています。

まだ二十歳そこそこですもんね、世間からのバッシングもあったでしょうし辛かったと思います。

しかし、仕事の方は至って順調で、映画「リング」「リング2」をきっかけに、演技派女優としての活躍の幅をどんどんと広げていきます。

引いては「電車男」、「JIN~仁」などの人気話題作や、大河ドラマ『軍師官兵衛』では黒田光役に抜擢されています。

一方、1999年の初の主演ドラマ「ケイゾク」で共演した渡部篤郎さんと、2000年頃から熱愛関係に発展しました。

当時、この渡部篤郎さんも結婚しており、奥さんは皆さんご存知のRIKACOさんで、既にお子さんも二人いました。

またしても不倫関係となります。

04年には一時、渡部さんとの関係は断たれたと言われていましたが、2005年に渡部夫妻が離婚。

それがきっかけだったのかわかりませんが、渡部さんと中谷さんは復活愛を遂げ、同棲を始めたと報じられていました。

時には、渡部さんのお子さん達と中谷さんが一緒に食事をするほどの関係性だったそうです。

2015年に渡部さんのお子さんが成人すると、二人が堂々とデートする姿が目撃されるなど、15年というお付き合いがようやく実を結び、結婚も間近かと囁かれていました。

しかし、翌年の2016年、渡部さんは中谷さんとではなく、元ホステスの女性と結婚してしまいます。

渡部さんとその女性との関係は、中谷さんとの関係が終わった後だとも言われていますが、実際のところはどうだったのでしょうか。。。

いずれにせよ、15年も付き合っていたとされる中谷さんの心労は大きかったと思います。

恋愛面では、『不倫』という印象の強い中谷さんですが、実はとても真面目でストイックな性格のようです。

実家は東村山の八百屋さんで、食や栄養に興味を持ちやすい環境だったためか、高校卒業後は専門学校に行き、栄養士の資格を取りました。

高校生の頃はアイドル活動をしていたため、かなり忙しかったと思いますが、

しっかり勉強して資格を取得したということは、意志が強く頑張りやさんであることが伺えます。

大人になってからも食には大変気を配っており、何年も肉や砂糖を摂らないなど、美容と健康の為に摂生ができる人です。

こういった知識を吸収するために勉強もしているってことですよね。

向学心の強い方だということがわかりますね。

中谷さんと言えば、海外旅行、特にフランスが好きで、語学が堪能なのも有名な話です。

映画祭では、流暢なフランス語でスピーチをされたこともあります。

英語、フランス語のほか、イタリア語、ドイツ語も話せるそうです。

すべて独学だというのですから、ここでも努力家であることがわかります。

彼女の人となりを調べると、なんでこんな真面目な女性が不倫をしてしまったのか、不思議でなりません。

真面目でとてもしっかりした性格なので、同年代よりも年上の男性に惹かれやすかったのでしょうか。

中谷さんは、フランスが大好きなため、『事実婚』という制度に抵抗がなかったのも関係が長引いた一因かもしれません。

芸能界で忙しく働きながらも、長期で海外旅行に行ったり、執筆活動をしたり…自分一人でも人生を楽しめる方なので、恋愛、結婚の優先順位が高くなかったのかもしれません。

そして、

好きになってしまった相手を、「結婚しているから」という理由だけで諦めることができないくらいの生真面目さと純粋さを持っていたのでしょう。

お相手、ティロ・フェヒナー氏とは?

本名  ティロ・フェヒナー

生年月日  1968年

出身  ドイツ ベルリン

職業 ヴィオラ奏者

身長 180CM

所属 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

フェヒナーさんは、ドイツの音楽一家に生まれ、ベルリンの音大やアメリカの名門、ジュリアード音楽院にて音楽を学んだ音楽界の超エリートです。

ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団などを経て、2005年からウィーン・フィルで活動されています。

ウィーン・フィルとベルリン・フィルのメンバーによる管弦楽アンサンブル「PHILHARMONIX」にも参加しており、欧米だけでなく、アジアでも演奏活動を行うなど、現在世界中を飛び回っている超一流の演奏家です。

50歳とは思えないほどのイケメンで、過去にモデルや音楽関係者との数々の交際歴があるそうです。

嘘か本当かわかりませんが、フェヒナー氏は5股していたほど、女性にだらしないとの噂もあります。

でも、結婚したのは中谷さんが初めてですので、中谷さんは本気!ということなのでしょうか。。。

いずれにせよ、これまでプレイボーイばかりを夢中にさせてきた

中谷さん、その魅力はなんなんでしょうか。

二人の馴れ初め

二人の出会いは、2016年10月。

小澤征爾氏、ズービン・メータ氏(82)が指揮を務めた東京・サントリーホールの30周年記念ガラ・コンサートのため、フェヒナー氏がウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の一員として来日した際に、知人を通じて知り合ったそうです。

中谷さんはもともとクラシックが好きで英語も堪能だったため、英語でコミュニケーションを図り、意気投合。ほどなくして交際に発展したそうです。

フェヒナー氏は、世界3大オーケストラに数えられるウィーンフィルの奏者で、世界を飛び回って活動されています。

中谷さんは仕事のない時期には欧州に渡り、献身的に彼を支えたそうです。

話題となっていた達筆な結婚報告コメントでは、「数々の偶然が重なって」と、運命的な出会いだったことを表現、交際中の様子についても「芸術を愛し、自然に親しみ、旅を楽しむ心を分かち合うことで絆を育んで参りました」と明かしています。

「ヴァイオリンをはじめとする様々な楽器の音に真摯に耳を傾け、 自らの音を主張するのではなく、調和を大切にして来たヴィオラ奏者だからこそ、私のような自由を愛する人間を手なずけることができるのでしょう。」

中谷さんは、こうも直筆コメントに記載しています。

ヴィオラという楽器の役割をしっかり理解し、彼と自分との関係に置き換えているところがなんとも素敵で印象的ですね!

二人の結婚から学べること

中谷さんの結婚から手っ取り早く学べることとしては、国際結婚ですね。

別の記事でも書いたことがありますが、欧米人は年を重ねることで女性としての魅力が増すと考えられており、40代でも十分恋愛対象として見てもらえるケースが多いです。

特に日本人女性は、童顔で華奢な人が多く、年齢より若く見られることが多い傾向にあり、40代の女性でも十分に恋愛が可能かと思います。

日本人女性は外国人女性と比較すると、優しくて気遣いもできるため、外国人男性から人気です。

日本人女性も、元々は外国人男性なんて圏外!と思っていても、外国人男性はアプローチがストレートでわかりやすいしロマンチックなので、急激にのめり込んでしまった、というパターンもよく見てきました。

結婚相手に外国人という選択肢を増やしてみることで、大きく結婚できる確率はアップすること間違いなしです!

中谷さんほどの美人が42歳まで独身だった理由、それは言うまでもなく過去の長い恋愛が影響しています。

しかし、そんな中谷さんは、世界的地位の高い旦那様と結婚することができました。

その理由は、

中谷さんの趣味の幅の広さと、その知識の深さ、強い探求心ではないでしょうか?

中谷さんは、フェヒナー氏に出会う前からクラッシックが好きでした。

中谷さんの性格から想像すると、ただ「聞くだけ」レベルの好きではなく、専門的な知識も持ち合わせていたことが想像できます。

自分の好きなジャンル、得意なジャンルについて、興味を持ってくれている人に出会えたら単純に嬉しいですよね。

同時に、中谷さんは語学が堪能であったり、食に徹底的にこだわっていて、美容と健康に対して非常に意識の高い女性です。

こういう意識の高い女性は、同様に意識の高い男性の目に留まるものなんですよね。

様々なものに興味が持てるのも、心が豊かな証拠。

それを追求してこだわることができるのも、探求心が強い証拠。

語学を身につける目的も、日本語以外を話す人々との関わり合いを持ちたいから、その人をよく知り、仲を深めたいという気持ちの表れですよね。

物事や人に対して、知りたいと前向きに受け入れようとする姿勢、これはなかなか簡単なことではありませんね。

自分が元々興味がなくても、相手が好きな事柄であれば、熱心に調べたりして、楽しみながら歩み寄る力を持っているのでしょう。

こういう中谷さんの姿勢がフェヒナー氏から選ばれた理由ではないでしょうか。

また、俳優としての実力があり、多趣味な中谷さんは、恋愛の優先順位が高くないことが想像できるので、狩人本能のある男性陣は振り向かせるために必死に追いかけてしまうのでしょうね!

まとめ

みなさんも、婚活で出会った相手の好きなことをもっと知ろうと歩み寄ってみたり、

様々なことに興味を持って勉強してみてはどうでしょうか?

結婚したいなら、ただ単に人と出会うだけではダメなのです。

その人を知り、自分も知ってもらわなければなりません。

そのためには、たくさんの会話を重ねなければなりません。

お見合や婚活パーティでのほんの数時間で、人となりがわかるわけがありません。

すぐにナシと切り捨てるのはやめて、相手をもう少し知る努力をしてみてください。

もう40代、心のどこかで「もう結婚できないかも・・・」と覚悟している部分もあると思います。

そうであるなら、なおのこと、一旦、結婚相手を探すというスタンスを忘れ、

単純に人との出会いを楽しんでください。

人と出会うということは、その人数分の考え方に触れること。

出会った分だけの考え方に触れることで、自分も成長することができるのです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする