40代独身女性の結婚できる確率を上げる!!結婚できなった理由別処方箋

40代の女性の婚活はなかな難しいのが現実ですね。

でも、実際に40歳以上でも結婚している方もたくさんいます。

下表は国勢調査の未婚率の調査結果です。

2015年の調査結果でいくと、

39歳までで23.9%だった未婚率が、

45~49歳で、16.1%まで減少しています。

単純計算ではありますが、7.8%の方が結婚しているのです。

2010年の調査結果だと、この数字は10.5%なので、5年間で3%近く減少してしまっています。このままでは、2020年度の結果がますます厳しい数字になってしまうかもしれませんね。

この記事では、40代女性が結婚できる確率を上げるためにはどうすべきか?

結婚できなかった理由別にその対策を考え、処方箋としてお伝えしたいと思います。

結婚できなかった理由別処方箋

ここでは、なぜ今まで結婚できなかったのか?その理由別に対策を考えていきたいと思います。完全に私自身と私の周囲の友人・知人の傾向をふまえた私流の考えになりますが、参考にしていただけると嬉しいです。

理由1 結婚願望がない男性と付き合っていた

このタイプは、いわゆるダメンズウォーカー。

長年、不倫をしていた。

結婚願望がない男性と付き合っていた。

こんな方のことです。

お互い好き合っているのは事実のため、なかなか縁を切ることができず、いつか他に好きな人ができたら別れる!と、婚活自体はやっているけれど・・・、

今のパートナーを超える出会いがなく、気付いたら40代だった、というタイプ。

こんな女性には、ぜひ自分が置かれている状況を客観的に捉えていただきたいです。

自分の友人が、結婚願望があるにも関わらず、長年不倫をしていたら何と声を掛けますか?

相手の男性からしたら、貴女はいわゆる都合の良い女なんです。

もしかしたら男性自身も、「都合のいい女」扱いをしていることに自覚すらないのいかもしれません。だって、きっと貴女のことは愛しているのは事実だから…。

でも!本当に貴女を想っていれば、早く奥さんと別れて一緒になる道を選んだり、

それができなければ、貴女の将来を気遣い身を引くことも考えられます。

子供の養育費の問題があるから、子供が成人するまで待って!

などという、言い訳を聞かされている可能性もありますが、実際、子供が成人するまで待って幸せになったケースってあまり聞いたことがないです。

だいたい、突如現れた別の男性とサラッと結婚していることが多いです。

相手は、貴女なら・・・と色んな意味で安心している。つまり優先順位が低いのです。

そもそも家族があるのに、外で女性を作る男性は、

大概の場合、人の痛みのわからない「理性のない人間」と思っていいです。

結婚願望がない男性についても同じ。

結婚する気がないのなら、相手を想って早めに関係にケリをつけるべきです。

それができないのは、貴女の将来を真剣に考えていない証拠だし、

そもそも一人でいるのが寂しい人のはずなんです。

それでも、結婚する!という決断ができず、ずるずると付き合うというのは

理屈っぽくて縛られたくない、そして頑固な性格なんだと思います。

こういう人は、たとえ一時的に気が変わって結婚できたとしても、子供ができた後の子育てや何かしらのタイミングで「だから俺は結婚したくなかった」と、元も子もないことを言い出す可能性もあります。

「人はそんなに簡単には変わらない

結婚したくない理由は色々あると思いますが、

ようは、経済的に不安、今後の人生を貴女一人に絞りきれない、

人と生活のペースを合わせられない、

と思っているちっぽけな残念な人なんです。

そして、貴女自身も、そんな人にしがみ付いてきてしまったほど、

自分に自信がなかったんですね…。

この世の中には、男と女しかいない。

出会いはいくらだってあったはずなんです。

なのに、貴女は良い時代を彼に捧げてきてしまった。

このタイプの女性には、もっと自分に自信というか、プライドを持ってほしいですね。

私は、片手間で付き合えるほど、安い女じゃない!!!

結婚する決心ができないような軟弱者は、こちらから願い下げ!!!

そんな気概を持ち、もしまだ関係が続いているのなら、ピリオドを打っていただきたいです。

奥さんがいても、欲しくなってしまったほど、

貴女という人を一生支える自信がないのに、長年そばにいさせてしまったほど、

貴女はとても魅力的な女性なんです。

過去を後悔する必要はありません。

あなたには、ダメンズをも相手にできる優しさと寛容さがあります。

長年、辛い恋愛をしてきたからこそ、次はものすごく幸せを感じられるはずです♪

そう思うと、これからの将来が楽しみじゃないですか??

自信をもって婚活に臨んでください。

理由2 恋愛がうまくいかない

浮いた話がなかったわけじゃないのに、どういうわけか恋愛が長続きしない。

合コンでいいなぁ、と思う男性に出会ってデートをしても、

2回目、3回目のデートに繋がらなかったり、

交際に発展しても、わりとすぐに関係が終了してしまう。

理想が高く(狭く)て?? なかなか男性を好きになれない。

好きな人からは好かれない、言い寄ってくるのはどーでもいい男性ばかり…

自分に自信がなく、好きな相手の好意を素直に信じられず、

相手が諦めて離れていくと、燃え出す・・・

こんな女性達、結構いますよね?

恋愛がうまくいかないパターンはいくつかあるので、

パターン毎に分けて考えてみたいと思います。

ーーーーーー

恋愛が長続きしない、なかなか男性を好きになれないという貴女へ。

あなた好みの完璧な人なんていない。

誰にだって欠点はある。

どんなに好きな相手だって、そもそもお互い人間だから、

今日はムカつくとか、今日は可愛らしく思えたとか、

時によって感じ方が時によって違うのも当然です。

デートしていても、知らず知らずのうちに、

この人でいいのか?と、相手をジャッジすることばかり考えていませんか?

こんな状態では、貴女自身もデートなんて楽しくないし、

相手も貴女の反応をイマイチに感じている可能性が高いです。

まずは、その場を楽しみ、楽しんでもらうための努力をしてみてはどうでしょうか?

例えば、転職が決まって、新しい職場に行った時を想像して振舞ってください。

そして、できるだけ早いタイミングで自分をさらけ出し、自然体の姿を見せる。

まず自分が自分自身をさらけ出さないと、相手もさらけ出さないものです。

本当なら、男性側からそういうきっかけを作ってもらいたいところですが、

この歳まできたらそうは言ってられません。

あまりテクニック的な話は好きではありませんが、

合コンのような場であれば、男性を「○○ちゃん」(けんちゃん、だいちゃん等)と、

親しみを持って呼んでみるのも有効ですよ。ぐんと距離が近くなります。

貴女らしい感情をさらけ出し、会話をリードしてあげることで、

貴女といると楽」と思ってもらえるかもしれません。

それから、物事を色々な角度から捉えるようにしてください。

例えば、デートできっちり割り勘だったら、ケチな男!と思うかもしれません。

でも!見方を変えれば、その人は堅実で真面目なんです。

貴女は結婚したら、

飲み会の時に、すぐ奢ってしまう男性と、堅実に割り勘で済ます男性と、

どちらと結婚したいですか?

結婚するなら、堅実な男性の方が安心ですよね。

前者のような旦那様では、よほど経済力が無い限り、夫婦喧嘩が絶えないでしょうね。

こうやって、環境が変わったらどうだろう?と見方を変えるのも重要です。

どうか出会いの場を、欠点を見つける場にせず、

相手の良いところを見つける場にしてください。

好きな人に好かれないという貴女へ。

こういうタイプの女性によくあるのが、

好きな人だからこそ、良く見られたい!と変に気を使っている状態。

相手にもその緊張感が変に伝わっているかもしれません。

ちゃんとし過ぎていて、隙がなく、なんだか一向に打ち解ける気がしない。

会話は続くし、コミュニケーションは取れるけど、

なかなか心を開かないな・・・、すげぇ緊張しちゃってるな…、

こんな風に相手から思われているかもしれません。

男性の中には、敬語を使われると壁を感じる、と思う人が少なくないです。

タメ口で慣れなれしく話掛けてくれる人の方が楽で好感が持て、

恋愛関係に発展しやすいというのもよく聞く話ですよ。

40代になったからこそ、やりやすいかもしれませんね。

もし、職場や同性の友人関係の間でも、

発言や言動に気を遣ってしまっている状態であれば、

まずは、同僚や友人に対してフランクな対応ができるよう

まずはここから変えてみましょう!

周囲の人は、そんな変化した貴女を受け入れてくれるに違いありません。

自信がない貴女へ

相手が積極的にアプローチしてきていても、

自己評価が低いばかりに、なかなか気付かないフリをしてしまう。

相手の動きがさらにわかりやすくなってきて、

ようやくもしかしたら・・・と反応する。

でも、時は既に遅し

相手はつまらなくなって、貴女に興味がなくなってしまっています。

でも、貴女は自分に好意を持ってくれてた自覚があるから、

それを信じて、急に彼を追いかけアプローチするも撃沈した経験などないですか?

恋愛ってタイミングがすごく重要なんです。

自分の人生をより良い状態にするには、

自分は好きじゃなくても、ちょっと思わせぶりな態度をして泳がしておく。

それを楽しむくらいの余裕とズルさを持ってください。

自分だって好きな人から優しくされたら、嬉しいですよね?

それくらいの気持ちでいてください。

そして、自分に自身がなく、気持ちが伝えられないという貴女。

恋愛は慈善事業と思ってください。

どんな相手だって、自分を好きになってくれたら嬉しい気持ちになる。

そんな風に思って、素直にポジティブなどんどん気持ちを伝えてください。

気持ちを伝えることは恥ずかしい、怖い、と思うのも、

自己評価が低い潜在意識の表れ。

私なんかから好かれたら迷惑、振られるのが怖い、

という潜在意識の表れです。

あなただろうが、誰だろうが、

人から好意を持たれるのは嬉しいものですよ。

気持ちが伝わることで、新たな気持ちが芽生えることも十分ありえます。

慈善事業、いっぱいしていきましょう。

理由3 隙がない

役職に就いていたり、仕事がデキる女性、

プライベートで何かのめり込んでいる趣味や活動があって、週末や仕事後も忙しく、

明るく元気で、サバサバした性格に見られる人が多いかもしれません。

…忙しそうだから、断られそう

…頭良さそうだから、俺なんかバカにされそう

…そもそも、結婚願望ないんじゃないの?

…自分よりスペックが高い相手じゃないと相手にしなさそう

男性からこう思われているかもしれません。

男性は、基本的には女性を守っていきたい生き物なんです。

俺が守ってあげないと…、こんな気持ちにさせる必要があります。

小手先のテクニックにはなりますが、

興味がある男性には、弱音を吐いたりして、

弱い自分を見せてみてはどうでしょうか?

ちょっとしたことでもいいんです。

料理が苦手とか、虫が嫌いとか・・・

そんな内容を会話に盛り込んでみてください。

そして、このタイプで一番大事なのは、

結婚願望がある、ということを自分自身がしっかり認識し、

周囲にも結婚の意思があることを伝えるべきです。

もともと周囲からの評価が高い貴女には、後押ししてくれる人がたくさんいると思います。

結婚するためには、仕事や趣味を少しセーブする等の調整が必要になってくるかもしれません。

貴女自身も今、何を優先すべきなのかをしっかり見極めないといけません。

仕事や趣味はやがてできなくなる日がきます。

結婚=家族ができるということ。

子供を持てば、繋がっていく未来を得ることができます。

40代でも結婚できるとは思いますが、45歳がリミットとも言われています。

今日より若い日はない。

今が最後のチャンスなんです。

最後に・・・

以前、ブライダル総研の方から、

ひと昔前まで未婚率がとても低かったのは、

「結婚するのが当たり前の世の中」だったから。

適齢期と言われる年齢の独身者には、

たくさんの縁談が持ち込まれるのが普通だった。

でも今は、女性の社会進出により、結婚が選択肢の一つになったため、

背中を押してくれる人がいなくなったことが、

未婚率増加の大きな要因となっている。

という内容のお話を伺ったことがあります。

やはり、貴女をよく知る人に結婚の意思があることを伝えるのが大事なんですね。

それから、、、

最近になって結婚したくなった、という方もいるかもしれませんが、

大半の方が、ずっと結婚願望があったのではないでしょうか?

今よりもっと若かった頃、結婚できなかったですから、

今までと同じ考え方、判断基準で婚活をしていても

おそらく事態は好転しないと思います。

誰かの力を借りることも必要です。

婚活カウンセラーとい人たちもたくさんいる世の中なので、

こういう人たちを頼るのも良いと思います。

私も結婚するための必要な考え方について記事を書いています。

こちらもぜひ読んでみてください。

40代独身女性の結婚は厳しい!?結婚に必要な考え方

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする